お墓コンシェルジュ東北版|東北をメインに公園墓地や優良寺院墓地のご紹介をしています。

ご利用案内 運営会社 お問い合わせ
お墓コンシェルジュ東北版
公園墓地・寺院墓地の検索お墓・仏事について資料請求・お問い合わせお墓コンシェルジュ東北版
HOMEお墓・仏事について>お墓用語集
お墓、墓地お墓用語集
3
さ行
祭祀財産(さいしざいさん)
墓石や仏壇などは祭祀財産と呼ばれています。一般的な財産には相続税がかかりますが、祭祀財産は非課税です。
寺院墓地(じいんぼち)
寺院の境内にある墓地のことで、境内墓地とも呼ばれています。
芝台(しばだい)
墓石の一番下の台座となる石のことで、この上に墓石が建てられます。
寿陵(じゅりょう)
生前に建立するお墓のことです。聖徳太子や秦の始皇帝などが寿陵であったことから、縁起が良いこととされています。
竿石(さおいし)
墓石の中で一番上に置かれる石のことで、いわばお墓の顔です。一般的な和型墓石の場合、竿石の下に上台・中台・芝台があります。
敷石(しきいし)
人が歩きやすいように墓所の中に貼られる石のことです。
芝生墓地(しばふぼち)
芝生が植えられた墓地のことです。一般的に洋型墓石が建てられています。
施主(せしゅ)
お墓の建立者のことです。
た行
丁場(ちょうば)
石材を切り出す石切場(採掘場所)のことです。
灯籠(とうろう)
お墓の付属品で、角墓前灯籠、丸墓前灯籠、雪見灯篭、置灯籠など、様々な種類があります。
塔婆(とうば)
卒塔婆ともいい、故人を供養するために墓所に置かれる板のことを指します。塔婆立は、塔婆を墓所に立て掛けるための付属品です。
な行
納骨堂(のうこつどう)
遺骨を保管・安置する施設のことです。一時預かりを行うものと、長期的な保管を行うものとがあります。