お墓コンシェルジュ東北版|東北をメインに公園墓地や優良寺院墓地のご紹介をしています。

ご利用案内 運営会社 お問い合わせ
お墓コンシェルジュ東北版
公園墓地・寺院墓地の検索お墓・仏事について資料請求・お問い合わせお墓コンシェルジュ東北版
HOMEお墓・仏事について>お墓用語集
お墓、墓地お墓用語集
2
か行
開眼法要(かいげんほうよう)
石がお墓となるために必要な法要で、魂入れ(たましいいれ)とも呼ばれています。納骨式と併せて行われるのが一般的です。
改葬(かいそう)
お墓の引越のことです。改葬には改葬許可証が必要となります。
花崗岩(かこうがん)
御影石とも呼ばれ、墓石に最も多く用いられる石です。
ガーデニング霊園(がーでにんぐれいえん)
墓域全体が植栽をテーマに設計された西洋風霊園のこと。建立される石碑も洋型墓石やデザイン墓石が大半を占める。ミニ花壇付きのお墓はガーデニング墓所といいます。
基礎工事(きそこうじ)
お墓の土台となる部分の工事のこと。家の基礎工事と同じように、鉄筋で枠組みをし、コンクリートで固めます。
香炉(こうろ)
墓前で線香をあげるための重要な付属品です。線香を立てるタイプのものは「香立」と呼ばれています。
五輪塔(ごりんとう)
昔からお墓によく使われる5つの部位で構成された石塔のことです。5つの部位は空・風・火・水・地の五大を表現しています。
外柵(がいさく)
区画を明確にするために境界を石で囲ったものです。芝生墓地では外柵はつくらずに石碑のみが建てられています。
戒名(かいみょう)
仏弟子であることの証として付けられる名前で、一般的には故人となった際に付けられる場合が多くなっています。宗派によっては法名ともいいます。
合葬墓(がっそうぼ)
多くの遺骨を1つの墓所に納めるための共同のお墓のことで、合祀墓とも呼ばれています。納骨堂形式が一般的です。合祀墓などとも呼ばれるが、永代供養墓には「供養」という宗教的な言葉が使われているのに対して、合葬墓は納骨形態によって名付けられています。
カロート(かろーと)
遺骨を納める納骨棺のことで、いわばお墓の心臓です。地上式・半地下式・地下式があります。「棺」を意味する「唐櫃(からうど)」が語源だといわれています。
化粧砂利(けしょうじゃり)
墓石の周囲に敷いて美観を高めるための砂利石で、玉砂利とも呼ばれています。数多くの種類があり、墓石の色に合わせて選ぶことができます。